性感染症についての知識

pills on table

クラミジアをはじめとした性感染症の大きな特徴・問題はその感染のしやすさと、目に見えない潜伏期間の存在です。
クラミジアに感染したことをなかなか気付けない患者さんは大勢いますが、その原因がこの潜伏期間です。
潜伏期間というのはそのウイルスや菌が感染してから症状が発症するまでの期間のことで、この潜伏期間中は目立った症状が出ないため、発見がどうしても遅れてしまうのです。
クラミジアの場合、その潜伏期間は1~3週間といわれていますが、もちろん例外もあり、期間は前後することもあります。
さらにクラミジアが厄介なのは潜伏期間が終わったあとでもすぐに発症せず、しばらく経ってから症状が見られるケースもあるということです。
その間にまた違う人へと感染してしまうというのが感染症に多いケースですね。
クラミジアが感染する原因は性行為によるものがほとんどですが、なかにはオーラルセックス、稀にディープキスなどでも感染する患者さんがいます。
しかしどこかで菌を持ち帰ってしまって発症するなどといったことは一切ありません。
性行為時には細心の注意をはらうようにしましょう。

少しでもなにか異変が見られ、それ以前に性行為やそれに似た行為をしたことがあるのであればすぐにでもパートナーの方と一緒に受診されることをオススメします。
クラミジアなどは感染症であるため、当然相手にも感染している可能性は高いのです。
また、どうしても相談するのが恥ずかしいという方には検査キットによって自宅でも簡単にクラミジアが感染しているか否かの検査をすることもできますし、クラミジア治療は薬を服用することですぐに治せる病気ですので安心してくださいね。